語学をもっとわかりやすく クールアジア

初めての方へ

初めての方へ

ミャンマー語(ビルマ語)とは

昨今の民主化情勢を受けて、「東南アジア最後のフロンティア」として世界中から注目を浴びているミャンマー。
日本からも、多くの企業が進出、または進出を計画しています。
また、ミャンマーは、そうした投資・経済開発という観点以外にも、世界三大仏教遺跡の一つであるパガンの寺院群など多くの観光資源を有しており、旅行者にとって非常に魅力的な国でもあります。
そんなミャンマーにおいて、総人口の約70パーセントを占めるビルマ族が母語とする言語がミャンマー語(ビルマ語)です。

日本人にとっての「わかりやすさ」、忙しいビジネスパーソンに向けた利便性を追求

漫画01

本学習システムは、ミャンマー人の方々やミャンマー語学習者、教育関係者の支援を受けて、アカデミックな要素を極力抜きにして、日本人が慣れ親しんだ「英語教科書」をイメージしたテキストや、「インプット、アウトプット、プラクティス」の反復による文法と会話、発音をマスターしやすい独自の学習モデルとして開発されました。
また、日系企業のミャンマー進出が加速するなか、忙しいビジネスパーソン様や起業家様、個人事業主様が効率的に学習しやすいよう、世界中どこからでも時間的制約なしに学習できる「eラーニング学習システム」を採用しました。


「日本人がミャンマー語学習に向いている」と言われる理由

英語が「身に付きにくい」とされる理由の一つとして、日本語と英語の"「言語間の距離」が遠い"ということが挙げられます。つまり、日本語と英語では、文法など種々の点において「言語としての類似点が少ない」ということです。
一方、日本語とミャンマー語は"「言語間の距離」が近い"といえます。日本語とミャンマー語は、文法が非常によく似ています。発音も、英語ほど難しくありません。ミャンマー語の単語を日本語の文法に当てはめて並べるだけで、そのまま正しい文となるケースがかなりあります。
例えば、

などを見れば、文法的に大きく一致しているのがよくわかります。
このような特徴を持つミャンマー語は、日本人にとって、単語と発音を覚えるだけでかなり学習効果が上がるといえ、「日本人がミャンマー語の学習に向いている」と言われる理由の一つです。

本学習システムの特徴

時間的・場所的制約を受けない「eラーニング学習システム」の採用

学習に必要なもの

  • パソコン、またはスマートフォン
  • インターネット接続環境

eラーニング学習システムを使ってできること

  • 世界中のどこからでも講義が受講できます。
  • 24時間いつでも講義が受講できます。
  • スマートフォンに講義をダウンロードしておけば、インターネットに接続できない場所でも受講できます。※ダウンロードには、Wifi環境があることを推奨します。
  • 気になる講義は、利用期間中は何度でも繰り返し視聴できます。
  • 講義の視聴を途中で中断した場合、中断した場所から再開できますので、昼休みや通勤時など隙間時間を使って効率よく学習できます。

日本人にとっての「わかりやすさ」を追求したオリジナルテキストの採用

  • 日本語と文法がよく似ているミャンマー語の特徴に着目した文法学習中心のテキスト。
  • 日本人の慣れ親しんだ英語教科書をイメージし、ミャンマー語学習に合った形に構成。

わかりやすい「英語教科書」スタイルで体系的に学習

カリキュラム

単に「こんにちは」、「名前は何ですか」などというよく使うフレーズを覚えていくという、いわゆる「フレーズ学習」ではありません。本学習システムでは、一つひとつの文法事項を積み重ねて体系的に学習していくため、しっかりとした会話能力が身に付きます。

テキスト

「学校教科書」をイメージしたわかりやすいレイアウト。日本人が慣れ親しんだ「わかりやすい」、「抵抗感の少ない」教材を実現しました。

スカイプを使って、ネイティブ講師と一緒に発音練習

漫画02
  • 文字や文法をいくら覚えても、話せなければ意味がありません。COOLASIAでは、ネイティブ講師陣が「通じるミャンマー語の発音」をしっかり指導します。
  • 通学不要のスカイプでの在宅学習により、忙しい方でも効率的に学習できます。

スカイプレッスンに必要なもの

  • パソコン、またはスマートフォン
  • インターネット接続環境
Skypeについて

詳しくは「skype」オフィシャルサイトへ